【2022年10月】歌舞伎座で「十三代目市川團十郎白猿襲名披露記念 歌舞伎座特別公演」を観劇しました【東京で観劇】

10/31と11/1のの2日間だけの特別公演です。
まさか観劇できるとは思ってなかったので、月末月初に急遽お休みを取って行ってきました。

歌舞伎座

十三代目市川團十郎白猿襲名披露記念 歌舞伎座特別公演

客席には着物姿の方も多く見えました。
当然ながら、満員御礼です。

神歌

能楽で「神事」と位置づけられている『翁』を素謡形式で上演するのが『神歌』だそうです。
二十六世観世宗家 観世清和さん、観世銕之丞さんが御出演。
お能は数回見たことがありますが、『翁』は見たことがないので、一度見てみたいと思いました。

顔寄せ手打ち式

舞台の端から端まで、紋付き袴姿の役者さんがずらりと並んで座ってらして、圧巻でした。
生で手打ち式が見られるなんて、感激です。どこを見ればよいのか迷いました。
白鸚さん、團十郎さん、新之助さんがご挨拶されるときに、大向こうがかかり、華やかな雰囲気になりました。
この日から大向こうが解禁されましたが、感染症対策されたエリアで許可された人のみとのことでした。
最後は菊五郎さんのご発声で、客席も一緒に一本締めをしました。

歌舞伎座

襲名記念特別映像

花の海老様と言われた11代目さんや先代の團十郎さんの映像も流れました。
私はあまり成田屋さんの舞台は拝見していないのですが、懐かしくご覧になった方もいるのでしょうね。

歌舞伎十八番の内 勧進帳

武蔵坊弁慶に海老蔵改め團十郎さん、富樫左衛門に仁左衛門さん、源義経に玉三郎さん、四天王は鴈治郎さん、芝翫さん、愛之助さん、市蔵さん、太刀持に丑之助君、後見が齊入さんで、「これがよくないわけがない!」という配役でした。
こんな豪華な配役はなかなか見れません。
仁左衛門さんの富樫がほれぼれするほど素敵でした。
孝太郎さんのブログに「最後の」とあったので、演じ納めなのでしょうか。
この舞台を見に行けてよかったと、つくづく思いました。

終演後、外はすっかり暗くなっていました。

歌舞伎座

記念品は花瓶でした。

十三代目市川團十郎白猿襲名披露記念品

↓前回の歌舞伎観劇の記事はこちらです。↓

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]

【2021年12月】南座「吉例顔見世興行」第三部と高台寺に参拝(御朱印紹介)【京都一人歩き①】

すっかり「ブログタイトルに偽りあり」になってしまっていますが、久しぶりの旅行記です。
顔見世の観劇を決めた時、以前泊まった祇園のホテルに珍しく空きがあるのを見つけたので、一泊して観光することにしました。(日帰り可能な終演時間でしたが…)

前日、雪が降ったので、新幹線が少し遅れていました。
早めに京都に到着したので、祇園付近を少し歩きます。
御陵衛士屯所跡を見つけました。

御陵衛士屯所跡

高台寺

豊臣秀吉と北政所ねねが祀られているお寺です。
御朱印をいただくようになる前に一度お参りに行ったことがあります。
その時も顔見世の観劇の前でした。

中は広くて、結構歩きます。
冬のひんやりとした空気が心地よいです。

高台寺

霊山観音の拝観時間には間に合わなかったので、遠くから眺めるだけでした。

霊山観音

↓御朱印です。

高台寺の御朱印

一番左はアンドロイド観音の御朱印です。
拝観前に受付で御朱印をいただくスタイルだったので、御朱印をいただいたのに時間的に拝観できなくなるという不本意な結果になりました…

 

[スポンサードリンク]

京の年中行事 當る寅歳 吉例顔見世興行 第三部

南座

片岡仁左衛門 監修 銀杏鶴玉章封裏 雁のたより

幸四郎さんの髪結三二五郎七、愛之助さんの若旦那金之助、吉弥さんの花車お玉、千壽さんの愛妾司です。
千壽さんは元上方歌舞伎塾の塾生ですが、今回いいお役で嬉しいです。
幸四郎さんは頑張ってるなーという感じがして、あの役が自然に見える藤十郎さんはすごかったんだなぁと改めて思いました。
さほどドラマチックな展開ではないですが、最後は丸く収まって、誰も不幸にならない(若殿はちょっと不幸かも)楽しいお芝居です。

蜘蛛絲梓弦 片岡愛之助五変化相勤め申し候

愛之助さんが小姓寛丸、太鼓持愛平、座頭松市、傾城薄雲太夫、蜘蛛の精の五役を勤めます。
私はきれいな役が好きなので、お小姓と傾城が好きです。
幸四郎さんの源頼光は武将ですが、白塗りの貴公子です。
廣太郎さんの碓井貞光は白塗り、種之助さんの坂田金時は赤っ面で並ぶとバランスが取れています。
最後は蜘蛛の糸が客席に飛んできて、わーっと拍手をして終わるので、明るい気分で帰れますね。

南座

終演後、近くのホテルで一泊です。
夕食はコンビニで買って適当に済ませました。
翌朝の朝食はホテルで食べました。美味しかったです。

ホテルの朝食

↓おととしの南座顔見世の記事はこちらです。↓

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]

【2020年2月】大塚国際美術館でシスティーナ歌舞伎を観劇【神戸から徳島へ】

JR住吉駅で下車します。

本住吉神社

神功皇后が三韓征伐の帰りに船が動かなくなり、住吉三神(底筒男命・中筒男命・表筒男命)を祀ったのが創建だそうです。
御祭神は住吉三神と神功皇后です。

本住吉神社

↓御朱印です。
本住吉神社の御朱印

弓弦羽神社

神功皇后が三韓征伐からの帰りに忍熊王が挙兵したと知り、戦勝祈願したのが始まりのようです。
熊野三山に祀られている伊弉冉尊、事解之男命、速玉之男命を祀っています。
八咫烏がシンボルです。
羽生結弦選手が参拝したこともあり、ファンの聖地らしいです。

弓弦羽神社

↓御朱印です。
弓弦羽神社の御朱印

御朱印帳に使えるプラスチックのしおりもいただきました。
しおりにはゆづ丸君のイラストがついています。可愛いですね。

阪急御影駅から電車に乗って、三ノ宮駅に向かいます。
少し早いですが、食料とお酒を買って、ホテルでのんびりしました。

 

[スポンサードリンク]

 

ホテルで一泊して、高速バスに乗って徳島に向かいます。
高速鳴門で下車し、路線バスに乗り換えます。
天気はあいにくの雨でした。

大塚国際美術館

毎年1回、ここに来ています。

大塚国際美術館

来るたびに内装が変わっていておもしろいです。

大塚国際美術館

第十回システィーナ歌舞伎

もう10回目なんですねぇ。(愛之助さんは3回から参加しています。)
愛之助さん、壱太郎さん、吉弥さんがご出演です。
今井翼君の舞台復帰が発表されたため、チケットは完売でした。

システィーナ・ホール

愛之助さんは大河ドラマでは今川義元役ですが、この舞台では織田信長役でした。信長が実は双子で、さらに吸血鬼になってしまうというトンデモ脚本でした。
森蘭丸とお市の方が壱太郎さん、明智光秀が吉弥さんでした。吉弥さんの立役は珍しいですね。
翼君は歌とフラメンコ、ダンスを披露してくれました。かっこよかったです。
去年に引き続き、元宝ジェンヌの舞羽美海さんも出演されています。吸血鬼の役でしたが、美人でスタイル抜群でした。

 

[スポンサードリンク]

 

「コウノトリ育むお米」の販売コーナーもありました。試食させてもらえます。
「第十回システィーナ歌舞伎」のシールが貼ってあります。
2袋買って帰りました。

コウノトリ育むお米

路線バス、高速バス、新幹線を乗り継いで帰りました。
今年も楽しかったです。

↓去年のシスティーナ歌舞伎観劇の記事はこちらです。↓

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]